トップ / 日本語学校へ通う外国人

日本語学校へ通う外国人

日本語学校の魅力とは

交通事故

日本語学校の先生になるには

アジア圏の国々や日本で暮らしている外国人を対象にした日本語学校で日本人の教師が活躍しています。今現在日本国内には日本語学校の教師になるための国家資格はありません。一般的には民間の日本語講師養成コースを420時間受講、日本語教育能力検定試験試験に合格後に求人に応募する場合が多いようです。海外での就業を希望している場合には、ビザ取得の条件に四年制大学卒業が必須の国があるので注意が必要です。日本語教師の適性としては、好奇心と向上心があり言語や教育に興味や知識があることが必要です。

日本語学校にもそれぞれ特色が

日本語学校は、外国人、特に留学生を対象に日本語を教える機関です。近年グローバル化が進み、日本で勉強したり、日本での就職を希望する外国人は増えており、それに伴って日本語学校で学ぶ外国人も増加しています。学校にはそれぞれ特色があります。たとえば中国からの学生を主に受け入れている学校、韓国からの学生が多い学校など、受け入れ体制に違いがあったりします。また、学んだあとのフォロー体制にも差があります。大学などへの進学を希望する場合は、進学実績のある学校を選ぶのがお勧めです。自分に合った日本語学校を選ぶのが大切です。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校の受験に関する知識. All rights reserved.